エイジングを考える

「エイジング」は貴女が美しさ・若さを楽しむにあたって、避けては通れない事です。
だからこそ、簡単でいいので「正しい知識」を待って頂きたいと思います。
「正しい知識・正しい施術・正しいケア」これがエイジングケアの第一歩です。
簡単にではございますが、「エイジングに関しての知識」をまとめてみましたので、是非ご確認頂き、貴女の日常に役立てて頂けたなら幸いです。

〔目次〕
●髪とエイジング

●貴女の後ろ姿

●髪のエイジングが起こる原因
1.女性ホルモンの減少による、コラーゲン・ヒアルロン酸の減少
2.抗酸化力の低下
3.美容室においてのパーマ・ヘアカラー施術(ホームカラーも含む)

●解決方法
1.正しい知識に基づき、美容室にて正しい施術を受ける事
2.正しいホームケアをする事
3.規則正しい生活を心がける事

~髪とエイジング~

肌のエイジングに関しては、貴女も身近に感じておられると思いますし、この日本においてもエステサロンを筆頭に「スキンケア」は、随分浸透していると思います。
しかし、「髪」に関してはどうでしょうか?
まだまだ多くの方達が「髪が傷んだ」など、単純に「髪のダメージ」という感覚が強く、「髪のエイジングケアをする」という意識は低いのではないでしょうか?
この原因は簡単です。これまでの私を含めた「プロの美容師さん達」に問題があると思います。正しい知識を得て、正しく皆さんにお伝えしていないという事です。
しかし、この「髪のエイジング」をほったらかしにして置くと、肌以上に厄介な事が沢山待ち受けています。

~貴女の後ろ姿~

では貴女に質問です。

貴女はご自身の「後ろ姿」をチェックしきれていますか?

いきなり何故この様な質問をするのか?というと、それは現在私のサロンに通って頂いているお客様の「ほぼ100%に近いお客様」が、ご自身の後ろ姿に「ショック」を受けられるからです。

「普段、こんなにしっかりと自分の後ろ姿(髪そのもの)を見ないから・・・」
「私ってこんなに老けて見えるの・・・」

私のサロンでは毎回「ご来店時と仕上がり時の後ろ姿をカメラで撮らせて」頂きます。  こうして「変化をご自身の目で確認」頂いているのです。
髪は、その人の印象を大きく左右します。
いつまでも若々しく、素敵な後ろ姿を手に入れましょう。

~髪のエイジングが起こる原因~

ここでは改めて「何が原因で髪のエイジング」が起こるのか?を簡単にまとめていきます。
勿論「ストレス」は確実に関係していますが、これは「現代社会において言うまでもない事」として、一旦横に置いておきます。
「エイジングの主な原因」は3つです。

1. 女性ホルモンの減少によるコラーゲン・ヒアルロン酸の減少
2. 抗酸化力の低下
3. 美容室においてのパーマ・ヘアカラー施術(ホームカラーも含む)

では一つひとつ見ていきましょう。

1.女性ホルモンの減少によるコラーゲン・ヒアルロンの減少

まずは下の2つの表をご確認下さい。


まず最初の図で分かるように、加齢と共に女性ホルモンが減少します。
女性ホルモンは「コラーゲン」を増やすのですが、女性ホルモンの減少と共に、コラーゲンも減少します。肌(皮膚)は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っていますが、真皮層の70%をコラーゲンが占めており、肌のお手入れはこの「真皮」をお手入れした方が良いとも言われています。これは頭皮にも同じ事が当てはまります。
そして「髪質に大きく影響するものは毛根」であり、この毛根のある層が真皮層です。
ですから当然、コラーゲンが毛根に大きく影響しているわけです。
また、この真皮層にはヒアルロン酸・プロテオグリカン・エラスチンが存在するのですが、これらがコラーゲンと大きく関わり、相互作用しています。
結果、「女性ホルモンが減少する」→「コラーゲン・ヒアルロンが減少する」→「毛根が弱る」→「髪の老化=エイジング」に繋がっていくのです。

2.抗酸化力の低下

まずは下の図からです。

抗酸化力とは身体の細胞を傷つける(老化させる)「活性酸素」を除去する力です。
よって加齢により抗酸化力が落ちると、活性酸素が除去されず結果、身体全体の老化が進むわけです。勿論の事、頭皮や髪も大きく影響を受けます。

3.美容室においてのパーマ・ヘアカラー施術(ホームカラー含む)

普段貴女も美容室において、普通に「パーマやヘアカラー」を楽しんでおられると思います。
また、これらパーマ・ヘアカラーが、単純に「髪が傷む(ダメージ)」という意識はあると思います。
ではこの「お洒落を楽しむ為の、また若々しく見せる為のパーマ・ヘアカラーが、エイジング(老化)を加速させるものである」という認識はお持ちであったでしょうか?
おそらく殆どの方が、この様な事は「思ってもみなかった」というのが本音だと思います。ここで改めて申し上げます。
「パーマ・ヘアカラーは貴女のエイジング(老化)を加速させるものである・・・」     これは事実です。
では「パーマ・ヘアカラーの何がエイジング(老化)を加速させるのか?」を簡単にご説明します。

パーマ剤にもヘアカラー剤(ストレートパーマ剤も)にも「1剤」「2剤」があります。
そしてパーマ剤・ヘアカラー剤共に言える事ですが、

1剤・・・・「アルカリ」が含まれる
2剤・・・・現在使われている大半が「過酸化水素」である

という事です。そして「一回のパーマ・ヘアカラー施術において、これらアルカリ・過酸化水素が、頭皮や髪の内部に残留する」という事です。過酸化水素などは「半年以上残留する」と言われています。
そしてこれら残留物が「更なるダメージ」「エイジング(老化)の加速」をするのです。

~解決方法~

ここまでエイジングに関しての、簡単な知識をご紹介させて頂きました。
ではここからは、普段貴女に「是非心がけて頂きたい事」として、簡単な解決方法をご紹介させて頂きます。以下の3つです。

1.正しい知識に基づき、美容室にて正しい施術を受ける事。
2.正しいホームケアをする事
3.規則正しい生活を心がける事

1.正しい知識に基づき、美容室にて正しい施術を受ける事

「美容室にて正しい施術を受ける・・・って・・・どうすれば・・・」
他にも沢山ありますが、最低限押さえる事は2つです。
貴女を担当している美容師さんが、

1.エイジングしている髪に対し「まず何が必要か?」を理解している事
2.パーマやヘアカラーの施術時に何をしなければいけないのか理解している事

この2点を「理解している美容師さんである」という事です。
貴女からすると「それってプロの美容師さんなら、当然知っていて、その様に施術してくれているんじゃないの?・・・」と思うかも知れません。ただ現実は以下の通りです。

・多くの美容師さんが、これらの事を知らずに施術を行っている
・これらの事にはあまり目を向けず、デザインの事ばかりが先行している
・結果、お客様にも「エイジングケアの価値」が根付いていない

ただこれは「単に美容師さんが悪い」というよりも、美容室という業界全体が「あまり目を向けていなかった」という事であり、それは「何故なのか?」というと、現在の様な「大人社会」を、これまで経験していないという事だと思います。
だからこそ正しい知識を理解している美容師さんから、正しい施術を受ける事が、必須条件となります。

ここで貴女に「マメ知識」! 本当に簡単に美容師さんを選ぶ視点をご紹介します。

まず、髪は年齢を重ねる事に「硬さ」が出てきます。表面もねじれ・ジリつきが出ます。何だかボコボコした感じです。簡単に表すと、

若い髪・・・・・「表面が硬い」「内部が柔らかい」
加齢に伴い・・・「表明が柔らかくなる」「内部が硬くなる」

です。プラス、「髪のエイジングが起こる原因3」でご説明した、美容室においてのパーマ・ヘアカラー施術がエイジングを加速しているという事。これら2つを踏まえ、美容師さんにお願いする事は、4つです。

1.内部を柔らかくする処置をし、髪が水分を吸う状態をしっかりと作る
2.施術した、その時に「確実にアルカリの働きを終わらせる処理」をする事
3.施術した、その時に「PHコントロール」をする事
4.施術した、その時に「残留した過酸化水素を極力取り除く」事

まずは最低限これらをする事です。
「栄養補給・トリートメント云々」は、その後の話です。
これらをしっかりと理解している美容師さんであれば、安心してお任せ出来ると思います。

2.正しいホームケアをする事

エイジングケアにしても、ヘアケアにしても「本当に一番大切な事は何か?」
それは「ホームケア」です。貴女がご家庭で「毎日行うケア」が、「美容室での一回の施術以上に大切な事」なのです言い換えれば、「適したケア商品を使って、正しいホームケアをしないのであれば、美容室でのケアに関する施術は、しない方が良いぐらいです」という事です。せっかくお金と時間をかけて行う施術が「意味のないもの」になるからです。
また、髪が肌と「絶対的に違う事はなにか?」それは

肌・・・・生きた細胞
髪・・・・死滅細胞(ツメと同じ)

ここからも解るように、肌と違い髪には「自己治癒能力」がありません。生えた段階がピークで、後は劣化する一方なのです。だからこそ「ケアし続ける事」が重要なのです。
また、こういった事をしっかりと貴女に「伝えてくれる美容師さんである」という事も重要な事です。

3.規則正しい生活を心がける事

「規則正しい生活を心がける事・・・」そうは言っても、これがなかなか・・・・・
よく分かります。私も貴女と同じです。
ただ、自分自身の中で「極力心がける」という気持ちが大切なのも確かです。
髪って本当に繊細というか、正直というか・・・

例えば、花粉症の方が春先になり「花粉症のお薬を飲む」というだけで、それが髪に現れます。お薬って髪に現れるんですね。表面のザラつきは勿論の事、
「今まで収まっていたのに、何故急にこんなに乾燥・パサつき・まとまらない状態になったのか?」いろいろ話を聞いていくと、結構な割合で「お薬の服用」があります。
よく麻薬などで捕まった人も「尿では解らなくても、髪から検出された・・・」なんて聞くと「そういう事なのかな・・・」と思います。
言い換えると皆さんが普段「口にするもの(食べ物すべて)」は、何かしら髪に影響を与えているという事です。

また、睡眠不足やストレスも、確実に髪や頭皮に悪影響を与えます。頭皮の色・痩せている・硬くなっているや、髪のハリ・ツヤがなくなり、髪が細くなってくるなどの症状が出ます。ニオイもキツくなる傾向にあります。

良質な「サプリメントを飲む」という事も効果的だと思います。これに関しては様々な意見があり「賛否両論である」という事は、私も十分に理解をしています。
・コラーゲンなどは、飲んでも胃酸で消化されるので無意味・・・
こういった意見です。ただ「無意味だとは思わない」というのが、私の意見です。これは「確かに良くなっている・・・」という経験に基づいた意見です。勿論「信じるか?どうか?は貴女次第」です!

貴女の出来る範囲で「少しでも規則正しい生活」を心がけてみて下さい。

ここまで一通りご紹介してきましたが、これは「ごく一部の内容」であり、またすべて e・hairが最も大切にしている「エイジングケア」という視点でご紹介させて頂いた内容です。
少しでも、貴女が「エイジングケアする事の価値」をご理解頂ければと思います。